株式会社健康保険医療情報総合研究所

Planning, Review and Research Institute for Social insurance and Medical program (abbr. PRRISM)

NEWS 
& COLUMNS

ニュース

【申込受付中】診療録管理体制加算 対応セミナー

SEMINAR

2024.05.17

診療録管理体制加算で求められている以下の施設基準について、2024年度診療報酬改定にて、対象が400床以上の医療機関から、200床以上の医療機関へ拡大しました。

■ 専任の医療情報システム安全管理責任者の配置
■ 年1回程度の情報セキュリティに関する研修の実施

つきまして、「医療情報システム安全管理責任者はいったい何をすれば良いのか?」 「情報セキュリティの研修はどのような内容にすれば良いのか?」というご質問をよく耳にします。

また、医療法に基づく立入検査において、サイバーセキュリティ確保のために必要な取組を行っているかを確認されることになっており、施設基準以外の視点からもセキュリティ対策は不可欠です。

そこで今回は、医療情報システムの安全管理に関するガイドライン(第6.0版)を読み解きながら、医療情報システム安全管理責任者が果たすべき役割や、情報セキュリティ研修のコンテンツ事例について解説するセミナーを開催いたします。

経過措置が終了するまでの対応準備として、ぜひ本セミナーをご活用ください!


留意事項
〇本Webセミナーは、ネクプロ社のセミナー配信サイトを使用します。推奨環境や視聴テストは、こちらをご覧ください。(注:リンク先では音声が流れます)
○受講にあたり、受講者側のカメラやマイクは使用しません。

弊社からの申込受理メールが届かない場合、下記の理由が考えられます。
恐れ入りますが、メールフォルダや受信設定のご確認をお願いいたします。
○ メールアドレスを誤って申込をされている
○ 迷惑メールフォルダに振り分けられている
○ メールボックスの最大容量を超えてしまっている
○ 通信会社の迷惑メールサービスにより、メールがブロックされている

タイトル
診療録管理体制加算 対応セミナー
-医療情報システム安全管理責任者の役割とは?-
日  時
2024年6月17日(月)~2024年7月31日(水)
申込期限:2024年7月19日(金)
会  場

Webセミナー

料  金
1名につき12,100円(税込)
※領収書をご希望の方は、ご要望欄にその旨ご記入いただけると幸いです。
対 象 者
本セミナーの受講は、医療機関に勤務する職員様に限らせていただきます。
内  容
講師:株式会社 健康保険医療情報総合研究所 シニアコンサルタント 羽鳥亨
視聴時間:約70分(予定)

1.「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン(第6.0版)」の全体像を大まかに把握する

2.配置が求められている「医療情報システム安全管理責任者」は、どのような役割を果たすべきなのか?
  -ガイドライン上の医療情報システム安全管理責任者の位置づけ
  -立入検査でチェックされる「対策チェックリスト」への対応

3.ガイドラインから「情報セキュリティに関する研修」のカリキュラムを考えてみる
  -研修コンテンツ事例

4.診療録管理体制加算1で求められる「BCP策定」と「訓練」とは、具体的に何をすれば良いのか?
  -ガイドラインで求められているBCPに盛り込むべき事項
  -BCPの策定ステップ
  -訓練・演習のイメージ(サイバー攻撃を受けた場合のシナリオ)


※本セミナーは、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン(第6.0版)」をもとに、医療情報システム安全管理責任者の役割の理解を目的としたものです。情報セキュリティ対策の完全性や網羅性を保証したものではありませんので予めご了承ください。
このような方に
おすすめです
・医療情報システム安全管理責任者に任命された方
・医療情報システム安全管理責任者を選任・推薦する立場の方
・診療録管理体制加算の届出責任者の方
・病院全体の施設基準を管理されている方
備  考
本セミナーに関するお問い合わせ先:03-6257-3902

お申し込み受付中