インタビューメインイメージ インタビューメインイメージSP

システムエンジニア

「PRRISMとは、自分の価値を社会へ提供するためのツールであり、その価値を高められる可能性がある場所」

インタビューイメージ1

もっと人と密接に仕事を、もっと挑戦できる環境を、それらを求めPRRISMにたどり着いた

前職では大規模金融系業務システムの開発・改修に携わっていました。主な業務はシステム改修や問合せ対応などで、安定したタスク量が発生する反面、直接顧客ニーズに触れる機会はありませんでした。そのため、もっとシステムを使う人に密接する仕事を、もっと挑戦できる環境を求めて転職を決意しました。
直接顧客ニーズに応えていく製品開発を進めていて、部署やプロジェクトを跨いだフットワークが求められそうな企業を探し、PRRISMにたどり着きました。
医業に係る経験はありませんでしたが、社会貢献に繋がる仕事に携わってみたい、医療という広大な分野で新しくチャレンジングな仕事がしてみたいと考えました。
調査研究やコンサルティングチーム、開発部隊など多くの部署があり、少数精鋭かつ総合力のある会社、また社員一人ひとりの存在感や価値を見出すことのできる環境ではないかと感じました。

インタビューイメージ2

普通のエンジニアではない、医療の知識を備えたエンジニアへ

PRRISMでは社歴に関わらず、発言が自由、かつ発言への評価が公平だと思います。
私は入社当時から医療経営支援管理システム エルフ・ヒポクラテスのデータベース関連業務を担当しています。このシステムは販売開始から数年経っていましたが、システムの処理速度や容量効率を見直す必要があるのでは? という入社間もない私の指摘に対し、課題解決する必要性の検討や効果測定を鑑みるなど、より良くしていく検討がどんどん進んでいきました。
最近携わったDPC Bakeryは弊社コンサルタントの発案で、企画段階から私も参加しました。部署横断プロジェクトとして、顧客ニーズに応える新製品の設計開発を行ったことは、入社時に抱いていた理想に近く、非常に大きなやりがいを感じました。余談ですが、「プリズムパン屋さん」という製品名になりかけたことも良い思い出です。
「エンジニアリング」という言葉に直結する技術やノウハウだけではなく、顧客や医療業界の知識の掘り下げがニーズの発見に繋がっていくと実感できるのは、PRRISMならではですね。

インタビューイメージ3

未だ誰もやっていない、新しい価値を医療業界に提供できるサービスを設計したい

DPC Bakeryは、病院が自分たちの使いたい状態にデータを加工することができます。そのデータを集計や分析などに使用すると、今度はそれぞれの使用方法に応じた、さらに専門性の高いニーズが病院に生まれてくる可能性があります。今後は、そういった専門性の高いニーズにも応えられるような製品を供給していき、そしていつかは未だ誰もやっていない、新しい価値を医療業界に提供できるようなサービスを設計したいと考えています。

仕事以外の社内体制についてもPRRISMは充実しています。PRRISMでは女性は勿論、男性社員の育児休暇取得が推奨されており、私も子供が生まれた時に取得しました。その後も男性社員の育休取得は増えており、ワークライフバランスの取れる職場環境が整備されつつあります。またDPC Bakeryのように、他部署との横断プロジェクトが発生することも多くあります。仕事に集中でき、様々な意見に触れられる機会が多い環境ですので、既存の仕組みにある歯車ではない、新しい価値を世の中にもたらしたい方には持ってこい! の会社だと思います。
 
※記事の内容は、取材当時の内容に基づきます。

募集職種

  • 現在、募集は行っておりません。
採用応募フォーム