NEWS 
& COLUMNS

ニュース

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する当研究所の執務対応の方法について

NEWS

2021.01.13

当研究所は、今般の「緊急事態宣言」及び東京都の「緊急事態行動」を踏まえて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防及び拡散防止のため、一時的に当研究所内における執務を、可能な限り在宅勤務に切り替え、日本全国の出張業務を原則禁止することをもって鋭意対応いたします。
つきましては、在宅勤務の期間中における弊社宛のご連絡方法については以下のとおり実施いたします。

  • 電話及びメール
    当研究所医療ITソリューションセンター(営業:03-5511-8153、テクニカルサポート:03-6257-3903)、及びヘルスケア政策&マネジメントセンター コンサルティングGr(03-6257-3902)における電話対応は、自動音声によるご案内となる場合がございます。すぐに応答ができかねる場合がございますが、何とぞご理解くださるようお願いいたします。
    メールの運用は変わりませんので、ご用件の場合は、これまでと同様に各部署担当者宛にメール等にてご連絡ください。

  • ファックス
    ファックスは受信後確認され次第各担当者へメールにて転送する手順となりますことから、お急ぎの要件については各担当者のメールへ電子媒体にてお送りくださるようお願いいたします。

  • 郵便物
    確認が遅れる可能性がありますので、可能な限り、メール等電子媒体にて各担当者にお送りいただくようお願いいたします。
  • 何とぞご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
      

    ※DPC調査事務局の取扱いは明言致しかねるため、調査専用の問合せ窓口(dpc@prrism.com)までお問い合わせください。なお、電話での対応は致しかねるため、メールにてご連絡くださいますようお願い申し上げます。

    診療報酬改定への対応セミナー 第1弾

    SEMINAR

    2021.10.15

    来年の診療報酬改定への対応に向けて、これまでの議論の流れを復習しませんか?

    11月末までに中医協で議論された内容を、テーマ別にとりまとめたオンラインの解説セミナーを開催いたします。

    診療報酬改定の内容が公になるのは、早くても2022年2月と推測しますが、その時期から準備を開始しても、対応が間に合わないケースもございます。まずは、年内に行われた中医協の議論の大枠を把握して、来年の診療報酬改定に備えましょう!

    下記テーマごとに別動画になっているため、お好きなテーマを、お好きな時間にご視聴いただけます。また、配信期間中に新たな情報が公表された際は、随時内容を追加・更新いたします。

    第1部 入院 : 医療機能の分化、看護必要度の見直しなど
    第2部 外来 : かかりつけ医、オンライン診療など
    第3部 在宅 : 医療と介護の連携など
    第4部 その他 : 感染症対策、働き方改革など

    ※視聴時間は各動画約30分を予定していますが、中医協の議論内容等によって変更になる場合があります。

    今後のセミナー予定
    第2弾 2022年3月:告示内容の速報編
     例年3月上旬に公表される告示内容をいち早く把握します。
    第3弾 2022年4月:DPC調査の変更内容確認編
     DPCデータに関して、追加・変更された項目を確認します。


    留意事項
    〇本Webセミナーは、ネクプロ社のセミナー配信サイトを使用します。推奨環境や視聴テストは、こちらをご覧ください。(注:リンク先では音声が流れます)
    ○受講にあたり、受講者側のカメラやマイクは使用しません。

    弊社からのメールが届かない場合、下記の理由が考えられます。
    恐れ入りますが、メールフォルダや受信設定のご確認をお願いいたします。
    ○ メールアドレスを誤って申込をされている
    ○ 迷惑メールフォルダに振り分けられている
    ○ メールボックスの最大容量を超えてしまっている
    ○ 通信会社の迷惑メールサービスにより、メールがブロックされている

    褥瘡リスクアセスメントと予防について考えよう-基礎編-

    SEMINAR

    2021.10.15

    褥瘡予防や排泄ケアの需要が高まる中、診療報酬や介護報酬では、ケアに対する取り組み、体制、アウトカム等を評価する加算が設けられています。
    ≪例≫
    診療報酬・・・褥瘡ハイリスク患者ケア加算、排尿自立支援加算
    介護報酬・・・褥瘡マネジメント加算、排せつ支援加算

    新型コロナウイルス感染対策等の影響で、従来の褥瘡に関する職員研修の実施が困難というお声を受け、弊社の皮膚・排泄ケア認定看護師が褥瘡のリスクアセスメントと予防に関するオンラインセミナーを開催いたします。

    看護職員への研修やご自身の基礎知識の振り返りに、ぜひご活用ください。
    ※本セミナーは看護師向けの内容です。

    【コンテンツ】
    1.復習:褥瘡とはどのような状態のことか?
    2.褥瘡リスクアセスメントの方法
    3.アセスメント結果を予防に活かすには?
    4.褥瘡予防に繋がる排せつケア

    【講師】
    株式会社 健康保険医療情報総合研究所
    コンサルタント 山本絵美子
    (皮膚・排泄ケア認定看護師)


    留意事項
    〇 本Webセミナーは、ネクプロ社のセミナー配信サイトを使用します。推奨環境や視聴テストは、こちらをご覧ください。(注:リンク先では音声が流れます)
    ○ 受講にあたり、受講者側のカメラやマイクは使用しません。

    弊社からのメールが届かない場合、下記の理由が考えられます。
    恐れ入りますが、メールフォルダや受信設定のご確認をお願いいたします。
    ○ メールアドレスを誤って申込をされている
    ○ 迷惑メールフォルダに振り分けられている
    ○ メールボックスの最大容量を超えてしまっている
    ○ 通信会社の迷惑メールサービスにより、メールがブロックされている

    「DPC Bakery」ロゴマーク制定のお知らせ

    NEWS

    2021.09.01

    この度、DPCデータ変換ツール「DPC Bakery」のロゴマークを制定し、2021年9月1日より使用を開始いたしました。

    DPC Bakeryは、DPCデータを表計算ソフトで加工しやすいファイルに変換するツールです。DPCデータを小麦粉に喩えて、誰でも気軽に小麦粉から好みのパンが焼けるように(=誰でも気軽にDPCデータを使ってニーズに合わせた集計や分析が行えるように)という願いを込めて、DPC Bakeryと名付けました。

    ロゴマークは、無機質な小麦粉のように形のないDPCデータを、様々な軸によって立体化させた分析キューブをモチーフに、食パンを想起させるデザインにしました。また、その周りの矢印は、データ変換を表現するとともに、院内でPDCAを回す一助になればという願いを込めています。カラーは、パンらしさと温かさや親近感をイメージしたオレンジとブラウンを使用しました。

    新たなロゴマークとともに、さらなる機能の洗練化を進めて参ります。皆さまのデータ活用を強力にサポートするDPC Bakeryにこれからもご期待ください。

    【満員御礼!】データ提出加算準備セミナー

    SEMINAR

    2021.08.30

    【満員御礼!】重症度、医療・看護必要度セミナー

    SEMINAR

    2021.08.24

    7月26日~8月1日に配信し、大変ご好評いただきました看護必要度セミナーを追加開催いたします!

    重症度、医療・看護必要度Ⅱ(レセプトデータによる評価)の採用は、病棟看護師の業務負担軽減等のメリットがあります。

    しかし、
    看護必要度Ⅱに切り替えた際のシミュレーションができていない
    ■ 看護必要度Ⅱを算出するソフトを準備できていない
    ■ 変更はしたいが、どのような手順で進めれば良いかわからない
    等の理由により、評価方法の変更をしていない病院も少なくありません。

    本セミナーでは、これから看護必要度Ⅱへの評価方法変更を考えている病院向けに、意思決定のポイントや事例をご紹介します。


    留意事項
    〇本Webセミナーは、ネクプロ社のセミナー配信サイトを使用します。推奨環境や視聴テストは、こちらをご覧ください。(注:リンク先では音声が流れます)
    ○受講にあたり、受講者側のカメラやマイクは使用しません。

    弊社からのメールが届かない場合、下記の理由が考えられます。
    恐れ入りますが、メールフォルダや設定のご確認をお願いいたします。
    ○ メールアドレスを誤って申込をされている
    ○ 迷惑メールフォルダに振り分けられている
    ○ メールボックスの最大容量を超えてしまっている
    ○ 通信会社の迷惑メールサービスにより、メールがブロックされている

    【満員御礼!】多職種で取り組む退院支援セミナー

    SEMINAR

    2021.08.12

    近年入退院に関連する加算が増加しており、退院支援の重要性が増しています。DPC病院においてもDPC/PDPSを活用した在院日数のコントロール等において、各医療機関の平均在院日数は短縮傾向にあり、退院支援の果たす役割は非常に大きいものと言えます。

    退院支援では、入退院支援部門に配置されている医療ソーシャルワーカーや看護師などが中心に行っているケースが大半ですが、病棟看護師やリハビリテーション部門などの積極的な働きかけによって、退院支援が促進される事例もあります。

    このような事例からは、「病棟看護師から医師・入退院支援部門へどのような働きかけを行ったら良いか?」「リハビリテーション部門から他職種との協働で支援できることは何か?」といった学びが得られます。

    本セミナーでは、多職種が協働してどのように退院支援に取り組むべきか、弊社コンサルタント(看護師と理学療法士)が、現場での実務経験を踏まえて、事例とともに解説いたします。


    留意事項
    〇本Webセミナーは、ネクプロ社のセミナー配信サイトを使用します。推奨環境や視聴テストは、こちらをご覧ください。(注:リンク先では音声が流れます)
    ○受講にあたり、受講者側のカメラやマイクは使用しません。