NEWS 
& COLUMNS

ニュース

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する弊社の執務対応の方法について

NEWS

2021.01.13

弊社は、今般の「緊急事態宣言」及び東京都の「緊急事態行動」を踏まえて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防及び拡散防止のため、一時的に弊社内における執務を、可能な限り在宅勤務に切り替え、日本全国の出張業務を原則禁止することをもって鋭意対応いたします。
つきましては、在宅勤務の期間中における弊社宛のご連絡方法については以下のとおり実施いたします。

  • 電話及びメール
    弊社医療ITソリューションセンター(営業:03-5511-8153、テクニカルサポート:03-6257-3903)、及びヘルスケア政策&マネジメントセンター コンサルティングGr(03-6257-3902)における電話対応は、自動音声によるご案内となる場合がございます。すぐに応答ができかねる場合がございますが、何とぞご理解くださるようお願いいたします。
    メールの運用は変わりませんので、ご用件の場合は、これまでと同様に各部署担当者宛にメール等にてご連絡ください。

  • ファックス
    ファックスは受信後確認され次第各担当者へメールにて転送する手順となりますことから、お急ぎの要件については各担当者のメールへ電子媒体にてお送りくださるようお願いいたします。

  • 郵便物
    確認が遅れる可能性がありますので、可能な限り、メール等電子媒体にて各担当者にお送りいただくようお願いいたします。
  • 何とぞご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
      

    ※DPC調査事務局の取扱いは明言致しかねるため、調査専用の問合せ窓口(dpc@prrism.com)までお問い合わせください。なお、電話での対応は致しかねるため、メールにてご連絡くださいますようお願い申し上げます。

    DPC別原価計算セミナー -収入だけではなく損益にも着目した経営管理のすすめ

    SEMINAR

    2021.01.14

    新型コロナウイルス感染拡大の影響により、収入が以前の水準に戻らない病院が多い中、今後は確保可能な収入規模に見合ったコスト管理が求められます。

    また、DPC対象病院においては、DPC-出来高差額を参考にした経営管理を行っている病院も多く存在しますが、 DPC-出来高差額は、請求方法の違う収入同士を比較した指標であり、意思決定のミスリードに繋がることもあります。

    本セミナーでは、原価計算の基礎的な話から、事例を交えた応用的な話まで、わかりやすく解説します。

    【セミナー内容】
    ○なぜ原価計算が必要なのか
    ○部門別原価計算が病院に根付かない理由と対策
    ○目的に合わせた原価計算手法の選択
    ○管理会計を経営に活かす
    ○DPC別原価計算に対する2つの誤解
    ○DPC別原価計算の活用事例

    詳細はこちらから

    本Webセミナーは、ネクプロ社のセミナー配信サイトを使用します。
    推奨環境や視聴テストは、こちらをご覧ください。

    DPCデータ分析講座-DPCデータと公表データを使って 加算算定の機会損失を防ぐ

    SEMINAR

    2021.01.14

    新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって減少した患者数が、以前の水準まで戻り切らない病院が多い中、加算による収入は貴重な収入源となっています。

    そこで今回は「DPCデータと公表データを使って加算算定の機会損失を防ぐ」というテーマでweb講座を開催いたします。

    自院のDPCデータおよび公表されている厚生局のデータを使って、①新規の施設基準取得②取得済み加算の算定漏れ防止の2つの視点からデータ分析手法をご紹介します。

    【セミナー内容】
    ○[復習] データ分析をするときの視点
    ○厚生局のデータを使って、他病院の施設基準取得状況を知る
    ○DPCデータを使って、現在の算定件数を知る
    ○DPCデータを使って、期待値を計算する

    ※本セミナーは昨年11月25日に開催した同名セミナーと同じ内容です。重複受講にご注意ください。

    詳細はこちらから

    本Webセミナーは、ネクプロ社のセミナー配信サイトを使用します。
    推奨環境や視聴テストは、こちらをご覧ください。

    DPC請求移行に向けた準備セミナー

    SEMINAR

    2021.01.12

    昨今、弊社のコンサルティング部門へ「出来高請求からDPC請求への移行を検討しているので、準備すべきことを教えて欲しい」というお声を多くいただいています。

    DPC請求へ移行する際には、入院収入の変動シミュレーションのほか、DPC制度に対応した診療プロセスへの変更検討、後発医薬品への切り替え検討、DPCコーディング体制の整備など、準備事項は多々ございます。

    本セミナーでは、DPC制度の基礎や院内で検討すべきテーマなど、DPC請求移行に向けた準備事項を網羅的にご紹介します。

    【セミナー内容】
    ○DPC/PDPS(DPC制度)とはなにか?
    ○DPC請求の仕組み、出来高算定との違い
    ○DPC請求開始までに準備すべきこと
    ○DPC請求開始までのスケジュール
    ○事例:入院収入の変動シミュレーションと意思決定
    ○事例:DPC請求体制の整備-コーディング精度の重要性

    詳細はこちらから

    本Webセミナーは、ネクプロ社のセミナー配信サイトを使用します。
    推奨環境や視聴テストは、こちらをご覧ください。

    2020年最も読まれたコラムは?

    COLUMN

    2021.01.06

    いつもコラムをお読みいただきありがとうございます。今回は、2020年に閲覧数の多かった人気のコラムを5つご紹介します。

    みなさんがデータ作成業務やデータ活用業務を行うにあたり、DPCデータの概要を手っ取り早く知るためのコラムや、DPCデータの内容を改めて確認するためのコラムの発見の一助になれば幸いです。

    第5位 データ提出加算とは? 様式1データ作成編①

    第5位は、データ提出加算の解説連載の「様式1データ作成編」です。本連載は、これからデータ提出加算を届出する病院様向けのものです。

    この回では、DPCデータの中でも作成に労力の掛かる様式1ファイルに焦点を当て、ユーザー病院様から質問の多い「病棟グループ」や「転棟」について解説しています。様式1ファイルをこれから作成する方やファイルの構造を復習したい方におすすめです。

    なお、「様式1データ作成編」の続編では、病名や重症度指標について解説していますので、よろしければ併せてご覧ください。

    第4位 隙間時間に読める!DPCデータの一言コラム 第2回

    第4位には、DPCデータの各ファイルの中身を解説した回がランクインしました。DPCデータには7種類のファイルが存在しますが、本連載ではそれぞれのファイルの特徴や作り方、活用方法をご紹介しています。この回では、Hファイル、様式3ファイル、Kファイルを取り上げています。

    これからデータ提出加算を届出する病院の方はもちろん、作成したデータを「活用したい!」、「分析してみたい!」という方向けの入門的な位置づけの記事と言えるでしょう。

    第3位 データ提出加算とは? 概要編

    第3位は、データ提出加算の概要解説の回です。第5位にランクインしたものと同じ連載シリーズで、これからデータ提出加算を届出する病院様向けのものです。

    この回では、データ提出加算の算定開始までの手順や準備スケジュールが紹介されており、まさにデータ提出加算の第一歩を踏み出す病院様へおすすめの記事です。

    第2位 隙間時間に読める!DPCデータの一言コラム 第1回

    第2位は、4位にランクインした「DPCデータの一言コラム第2回」の初回記事です。この回では、様式1ファイル、EFファイル、Dファイル、様式4ファイルを取り上げています。

    本シリーズは、「隙間時間に読める」がコンセプトのため、簡素にまとめられていますが、もっと詳しくDPCデータの活用方法を知りたい方には、連載「ゼロから始めるDPCデータ活用」もおすすめです。

    第1位 病院全体で取り組む重症度、医療・看護必要度の精度向上

    2020年最も閲覧数の多かったコラムは、「重症度、医療・看護必要度の精度向上」をテーマにした回でした。

    重要度、医療・看護必要度は、2020年度診療報酬改定にて、評価基準や各入院料の基準となる割合が変更されました。また、各入院基本料の施設基準の経過措置が2021年3月31日に終わるということもあり、みなさんの注目テーマではないでしょうか。

    本稿では、看護必要度の評価精度を高めるために注意すべきことを職種別にまとめ、病院全体での取り組みを推奨しています。ぜひ様々な職種の方に読んでいただきたい記事です。

    いかがだったでしょうか。

    2021年もみなさんの業務に役立つ情報を積極的に配信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

    新年のご挨拶

    NEWS

    2021.01.04

    新年あけましておめでとうございます。

    旧年中はひとかたならぬご厚情をいただきありがとうございます。
    社員一丸となり全力を尽くしますので、引き続きご支援いただきますようお願い申し上げます。

    本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。
    皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

    令和3年 1月吉日