株式会社健康保険医療情報総合研究所

Planning, Review and Research Institute for Social insurance and Medical program (abbr. PRRISM)

NEWS 
& COLUMNS

ニュース

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する当研究所の執務対応の方法について

NEWS

2021.01.13

当研究所は、今般の「緊急事態宣言」及び東京都の「緊急事態行動」を踏まえて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防及び拡散防止のため、一時的に当研究所内における執務を、可能な限り在宅勤務に切り替え、日本全国の出張業務を原則禁止することをもって鋭意対応いたします。
つきましては、在宅勤務の期間中における弊社宛のご連絡方法については以下のとおり実施いたします。

  • 電話及びメール
    当研究所医療ITソリューションセンター(営業:03-5511-8153、テクニカルサポート:03-6257-3903)、及びヘルスケア政策&マネジメントセンター コンサルティングGr(03-6257-3902)における電話対応は、自動音声によるご案内となる場合がございます。すぐに応答ができかねる場合がございますが、何とぞご理解くださるようお願いいたします。
    メールの運用は変わりませんので、ご用件の場合は、これまでと同様に各部署担当者宛にメール等にてご連絡ください。

  • ファックス
    ファックスは受信後確認され次第各担当者へメールにて転送する手順となりますことから、お急ぎの要件については各担当者のメールへ電子媒体にてお送りくださるようお願いいたします。

  • 郵便物
    確認が遅れる可能性がありますので、可能な限り、メール等電子媒体にて各担当者にお送りいただくようお願いいたします。
  • 何とぞご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
      

    ※DPC調査事務局の取扱いは明言致しかねるため、調査専用の問合せ窓口(dpc@prrism.com)までお問い合わせください。なお、電話での対応は致しかねるため、メールにてご連絡くださいますようお願い申し上げます。

    【申込受付中】診療録管理体制加算 対応セミナー

    SEMINAR

    2024.05.17

    診療録管理体制加算で求められている以下の施設基準について、2024年度診療報酬改定にて、対象が400床以上の医療機関から、200床以上の医療機関へ拡大しました。

    ■ 専任の医療情報システム安全管理責任者の配置
    ■ 年1回程度の情報セキュリティに関する研修の実施

    つきまして、「医療情報システム安全管理責任者はいったい何をすれば良いのか?」 「情報セキュリティの研修はどのような内容にすれば良いのか?」というご質問をよく耳にします。

    そこで今回は、医療情報システムの安全管理に関するガイドライン(第6.0版)を読み解きながら、医療情報システム安全管理責任者が果たすべき役割や、情報セキュリティ研修のコンテンツ事例について解説するセミナーを開催いたします。

    経過措置が終了するまでの対応準備として、ぜひ本セミナーをご活用ください!


    留意事項
    〇本Webセミナーは、ネクプロ社のセミナー配信サイトを使用します。推奨環境や視聴テストは、こちらをご覧ください。(注:リンク先では音声が流れます)
    ○受講にあたり、受講者側のカメラやマイクは使用しません。

    弊社からの申込受理メールが届かない場合、下記の理由が考えられます。
    恐れ入りますが、メールフォルダや受信設定のご確認をお願いいたします。
    ○ メールアドレスを誤って申込をされている
    ○ 迷惑メールフォルダに振り分けられている
    ○ メールボックスの最大容量を超えてしまっている
    ○ 通信会社の迷惑メールサービスにより、メールがブロックされている

    【申込受付中】ゼロから学ぶ!「様式9」理解度向上セミナー

    SEMINAR

    2024.05.13

    ※2024年度診療報酬改定への対応は、6月1日に実施する予定です。

    2023年4月に開催し、大変ご好評だったセミナーを、受講者様の好きな時期に(2週間)視聴できるようにしました!


    「入院基本料等の施設基準に係る届出書添付書類(いわゆる様式9)」は、適時調査で重点的にチェックされる重要な書類です。また、入院料に関わる書類のため、万が一返還金が発生したときのインパクトも大きくなります。しかしその一方で、記載方法のルールが複雑で理解が難しいとも言われています。

    看護部は入職、異動、退職などで体制が変わりやすく、次のようなお悩みやご要望をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
    ■「様式9」を理解している人が少ないので、対応できる職員を増やしたいけど、教育をしている時間がない
    ■ 実務をしながら引き継ぎを受けたけど、体系的に学び直したい

    そのようなお悩みを解決するために、前回開催時に非常に好評だった様式9理解度向上セミナーをいつでも好きな時期に受講できるようにいたしました。

    新任の看護師長の学びの機会として、また、自院の適時調査への対応が誤っていないかを事前確認する場としてご活用いただけると幸いです。

    【受講者様の声】
    「現在、様式9作成を担当しています。前任者から詳細なオリエンもなく何となくで作成していましたが、今回のセミナーで誤りに気づけたので良かったです。」
    「今後適時調査を控えています。事前提出書類として作成した様式9と見比べながら視聴させていただきました。基本的にシステムで作成していますが、1か所設定誤りを見つけることができました。助かりました。」
    「今まで、理由もよくわからずに委員会の時間を控除したり、届出添付書類を作成していたので、計算方法などを知ることができてよかったです。」
    「自身の理解が間違えていないことを確認できました。各所属長への教育に適切な内容でした。」


    留意事項
    〇本Webセミナーは、ネクプロ社のセミナー配信サイトを使用します。推奨環境や視聴テストは、こちらをご覧ください。(注:リンク先では音声が流れます)
    ○受講にあたり、受講者側のカメラやマイクは使用しません。

    弊社からの申込受理メールが届かない場合、下記の理由が考えられます。
    恐れ入りますが、メールフォルダや受信設定のご確認をお願いいたします。
    ○ メールアドレスを誤って申込をされている
    ○ 迷惑メールフォルダに振り分けられている
    ○ メールボックスの最大容量を超えてしまっている
    ○ 通信会社の迷惑メールサービスにより、メールがブロックされている

    【申込受付中】医事課の新入職員向けセミナー

    SEMINAR

    2024.05.02

    昨年は延べ800人超の受講者となった医事課の新入職員向けセミナーを今年も開催いたします!受講者アンケートで「期待以上だった」という評価を回答者の40%以上からいただいた、大好評のシリーズセミナーです。

    よくあるお悩み
    ■ 新人教育に時間を確保できない
    ■ 複雑な医療制度についてどのように説明すれば良いか自信がない
    ■ 若手職員のフォローアップとして知識が身についているか確認したい

    上記のようなお悩みをお持ちの病院様向けに、医事課の実務経験がある弊社のコンサルタントが本企画をしました。今回は全3回に分け、医事課職員として知っておくべき知識を分かりやすく解説をします。

    新人研修はもちろん、配属2~3年目の若手職員の振り返り研修としてもぜひ、ご活用ください!
    みなさまのご参加をお待ちしております!
     ※2023年と同一内容での配信となります。お申込み時はご注意ください。


    留意事項
    〇本講座は、ネクプロ社のセミナー配信サイトを使用します。推奨環境や視聴テストは、こちらをご覧ください。(注:リンク先では音声が流れます)
    ○受講にあたり、受講者側のカメラやマイクは使用しません。

    弊社からの申込受理メールが届かない場合、下記の理由が考えられます。
    恐れ入りますが、メールフォルダや受信設定のご確認をお願いいたします。

    ○ メールアドレスを誤って申込をされている
    ○ 迷惑メールフォルダに振り分けられている
    ○ メールボックスの最大容量を超えてしまっている
    ○ 通信会社の迷惑メールサービスにより、メールがブロックされている

    【申込受付中】DPCデータ提出スキル習得講座

    SEMINAR

    2024.05.01

    ※「DPCデータ作成編」は、2024年度改定への対応済みです。
    ※「形式チェック編」は2024年8月中旬ごろに2024年度改定を行う予定です。
    ※本講座は【入院】のデータ提出加算の内容です。【外来】のデータ提出加算についてはこちらの講座をご検討ください。


    現在、「データ提出加算」の届出は、様々な入院料の要件となっており、DPCデータ提出業務の重要性が増しています。

    そのような中、
    ○ データ提出業務を行える職員が1人しかいない
    ○ 毎回遅くまで残業して提出対応している
    ○ 職員教育の時間を取れない
    ○ 担当者が急に退職してしまいデータ提出に苦労している

    というお声も多く、属人化による提出遅延のリスクや働き方改革対応への不安を抱えていらっしゃる病院様が多いのが実状ではないでしょうか?

    そこで今回、データ提出業務を担う人材の育成をご支援するための講座として大変ご好評いただいております「DPCデータ提出スキル習得講座」をお好きな時期(3か月)に受講できるようにいたしました。

    本講座は、データ作成→形式チェック(データ提出)→再提出の各段階でのポイントを体系的に学べる内容になっています

    新入・新任職員向けの研修や現担当者の知識の棚卸しに、ぜひ本講座をご活用ください!


    受講者様の声
    「今回初めてデータ提出するため、大変参考になった。」
    「初めてデータ提出業務に携わることになり不安でしたが、受講して不安が解消されました。」
    「入力時短テクニックがとても参考になりました。 テンポよく具体的な説明をして頂き、勉強になりました。」
    「一番頭を悩ませる形式チェックですが、詳細に解説があり今後はエラーに慌てずに対処出来そうです。」
    「スムーズにエラーを消すことができ、残業を減らすことができた。」
    「再提出時の修正方法が曖昧で不安でしたが、今回勉強させていただいて自信が持てるようになりました。」


    留意事項
    〇本講座は、ネクプロ社のセミナー配信サイトを使用します。推奨環境や視聴テストは、こちらをご覧ください。(注:リンク先では音声が流れます)
    ○受講にあたり、受講者側のカメラやマイクは使用しません。

    弊社からの申込受理メールが届かない場合、下記の理由が考えられます。
    恐れ入りますが、メールフォルダや受信設定のご確認をお願いいたします。

    ○ メールアドレスを誤って申込をされている
    ○ 迷惑メールフォルダに振り分けられている
    ○ メールボックスの最大容量を超えてしまっている
    ○ 通信会社の迷惑メールサービスにより、メールがブロックされている

    【申込受付中】外来データ提出スキル習得講座

    SEMINAR

    2024.05.01

    当初、クリニック向けに創設された「外来データ提出加算」は、2024年度診療報酬改定において、一部の診療項目の施設基準にて要件化されました。

    また、入院のデータ提出加算を届出している医療機関も届出(算定)が可能になりました。

    参考:外来データ提出加算の概要
    生活習慣病管理料Ⅰ・Ⅱに付随して月1回50点算定
    在宅時医学総合管理料、施設入居時等医学総合管理料、在宅がん医療総合診療料に付随して月1回50点算定
    疾患別リハビリテーション料に付随して月1回50点算定

    今後も外来データ提出の必要性や重要性が高まることが予想される一方で、外来データ提出の仕組みや作成ルールに精通している人材が多くない実状もあります。

    また、「外来収入増加のために加算算定を検討しているが、何をすれば良いのかわからない」というお声も多く頂戴します。

    そこで今回、外来データ提出業務を担う人材の育成をご支援するために、スキル習得講座を開講いたします。現在開講中の入院版は、すでに300名以上の方に受講いただいている人気の講座でございます。

    是非とも貴院の職員教育の教材としてご活用いただけますと幸いです。


    留意事項
    〇本講座は、ネクプロ社のセミナー配信サイトを使用します。推奨環境や視聴テストは、こちらをご覧ください。(注:リンク先では音声が流れます)
    ○受講にあたり、受講者側のカメラやマイクは使用しません。

    弊社からの申込受理メールが届かない場合、下記の理由が考えられます。
    恐れ入りますが、メールフォルダや受信設定のご確認をお願いいたします。

    ○ メールアドレスを誤って申込をされている
    ○ 迷惑メールフォルダに振り分けられている
    ○ メールボックスの最大容量を超えてしまっている
    ○ 通信会社の迷惑メールサービスにより、メールがブロックされている

    認知症の方の入退院支援の調査研究報告書が公表されました

    NEWS

    2024.04.11

    健康保険医療情報総合研究所が厚生労働省保険局医療介護連携政策課からの委託を受けて実施した「医療介護連携事業の推進における認知症のある方の入院受け入れと退院支援の現状と課題に関する調査研究」の報告書が3月27日に、厚生労働省ホームページで公表されました。
    ぜひご一読ください。

    令和5年度厚生労働省保険局委託 医療介護連携事業の推進における認知症のある方の入院受け入れと退院支援の現状と課題に関する調査研究報告書

    本件に関するお問い合わせ先
    健康保険医療情報総合研究所
    調査研究グループ 調査研究第2チーム
    research@prrism.com