SOLUTION

医療経営管理支援システム 
エルフ・ヒポクラテス

参謀役のあなたへ!

「エルフ・ヒポクラテス」が
経営基盤の強化に向けたPDCA定着を
サポートします!

見たかった、見えなかった情報が、やりたかった分析が、すぐそこに見たかった、見えなかった情報が、やりたかった分析が、すぐそこに

メリット

経営改善に対する診療部門の納得と動機づけのイメージ画像

経営改善に対する診療部門の納得と動機づけ

エルフ・ヒポクラテスでは、診療部門がコントロール可能な費用のみを計上し、貢献利益を算出する仕組みを採用しています。各部門の責任範囲を明確にすることで、損益計算の結果に対する納得性を高めます。

分析業務や報告資料作成にかかる労力の軽減

エルフ・ヒポクラテスでは、DPC別・入院日別の損益等を、グラフィカルに表現し、収益性の高い/低いDPCの特定や、損失の発生する在院日数の把握などを簡単に行えるため、難しい分析システムやデータベースシステムの知識がなくても問題発見が可能です。

システム導入目的の実現と自立した経営人材の育成

システム導入時には、「うまく使いこなせるだろうか」「実際の改善行動に結び付けられるだろうか」という不安が付きものです。そこで、コンサルティング部門を有するPRRISMでは、エルフ・ヒポクラテスの活用研修や、診療部門への報告支援をご提供するサポートサービスをご用意しています。

機能紹介

主な機能

1

主要指標モニタリング

主要指標モニタリング

課題のある主要指標が視覚的に把握可能なモニタリング機能です。
自院の損益概況を一目で把握でき、経営改善に取り組む一歩が踏み出せます。

2

包括-出来高差額と医業損益の関係性分析包括

包括-出来高差額と医業損益の関係性分析包括

「包括-出来高差額」と「医業損益」の2軸にDPCを分布させ、改善が必要なDPCの特定が簡単に行える機能です。さらに、DPC別のグラフから、患者別・入院日別まで掘り下げて、損失発生の原因分析も可能です。

3

曜日別収支分析

曜日別収支分析

様々な指標が曜日別で把握ができる機能です。病院経営・運営における業務サイクルは週単位であり、経営改善を推進する場合には、曜日別の収益管理、利益管理を行うことが有効です。

4

定型レポート出力

定型レポート出力

普段、Excelで作成しているような経営報告用のレポートが、エルフ・ヒポクラテスでは、ワンクリックで出力可能です。この機能によって、日々のルーティンワークを効率化することが可能です。

詳しい機能の紹介については、
お気軽にお問い合わせください。

導入の流れ

お客様のニーズや
ご予算に応じた
導入プランをご用意

PLAN 01

Start up

DPC病院:月額13万円
出来高病院:月額9万円

  • まずは簡単に原価計算を始めたい
  • 診療科別やDPC(疾患)別に採算性を把握したい
  • 会議等で使用する損益レポートを手軽に作りたい
  • 収益減少、費用増加の問題点を一目で把握したい

PLAN 02

Standard

DPC病院:月額17万円
出来高病院:月額13万円

  • 診療科別、DPC別の黒字・赤字の原因を探りたい
  • 入院日別の損益を確認してパス改変に活用したい
  • 利益計画を策定して予実管理を行いたい
  • 集患対策のためにマーケット分析をしたい

PLAN 03

Premium

DPC病院:月額23万円
出来高病院:月額17万円

  • 職員一人あたりの生産性を分析したい
  • 診療科別の損益分岐点を把握したい
  • 投資を行う際の採算点を算出したい
  • 薬剤を切り替えたときのコスト削減効果を知りたい

こちらの価格体系のほか、初期投資を大きくして、
年間維持費用を低く抑えるプランもございます。

※価格表記は税抜です。
その他、初期導入費が必要です。

「安心、正確、迅速」な
導入・運用サポート!

PHASE 01

導入フェーズ

病院様

2ステップで導入可能

  • 必要データ収集
  • 結果の確認・調整

弊社サポートの特徴

  • 1データの形式は
    問いません

    既にあるデータが使えるため、各関係部署での負担が軽減されます。

  • 2経験豊富なエンジニアが手厚くサポート

    細かな配賦設定の相談や病院実態に合わせた要望にお応えします。

PHASE 02

運用フェーズ

病院様

月次定例

  • データの簡単取込
  • 分析処理の実行

弊社サポートの特徴

  • 1マウスで簡単操作

    操作・運用の誤りを防止する、直感的に「何をするか」確認可能な構成。定例報告書作成も簡単に。

  • 2疑問・質問・要望は窓口へ

    お気軽にお問い合わせください。リモートによる迅速な対応も可能です。

導入から運用までを弊社担当者が手厚くサポートいたします。

よくあるご質問

Q

エルフ・ヒポクラテスを使用するには、どのようなデータが必要ですか?

基本は以下のデータとなります。
・医事データ(DPCデータ等)
・経理データ
・人事データ
・購買データ
・物流データ 等
データ形式等については、具体的なご検討の際にご説明させていただきます。

Q

診療報酬改定時の対応を教えてください

年度の切替時(4月データより)に、レセ電マスタ、DPCマスタ、薬剤マスタ等の改定に対応したシステム変更を行います。

Q

担当者(データ運用担当、操作担当)が変わったら使えなくなるのでは…と不安です

導入段階で、病院様が無理なくご用意できるデータをそのまま取り込む仕組みをカスタマイズして納品しますので、データ運用の担当者様が変更になっても、同じフォーマットのデータをひきつづき毎月ご用意いただければ使用可能です。
操作面については、マニュアルをご用意していますが、必要に応じて、操作研修を実施することもできます。

Q

分析結果から改善の助言をしてもらえますか?

システムについての仕様や操作説明は導入支援料に含まれております。
経営判断をご支援する改善の助言等を行うためには、データから読み取れることだけでなく、診療現場へのヒアリング等を通じた院内環境の把握が必要です。
具体的な改善のご支援をご希望の場合は、別途コンサルティング契約を締結し、貴院の実状に合わせた経営改善策をご提案いたします。

Q

配賦はどのような基準で行うのですか?

材料費は極力患者個別データに直課できるものは直課し、その他の費用も部署に直課できるものは直課します。
配賦対象のコストは以下の配賦係数から勘定科目の特性に合ったものをお選びいただけます。

各数値の設定区分は貴院の実態に合わせて初期設定します。
  001:外来延べ患者数
  002:入院延べ患者数
  003:収入補正延べ患者数
  004:職員数
  005:医師数
  006:看護職員数
  007:総点数(収入)
  008:手技点数
  009:薬剤点数
  010:材料点数
  011:面積
  012:病床数
  013:部署均等割り
  014:配賦比率直接入力
  015:常勤職員数比

これは一般的な処理方式ですが、病院様のご希望により特定の費用については、上記以外の処理を行うことにも対応できます。

その他よくあるご質問はこちら

お問い合わせ

 

受付時間 9:00〜17:30
(土曜・日曜・祝祭日・年末年始を除く)