NEWS 
& COLUMNS

コラム

病院全体で取り組む重症度、医療・看護必要度の精度向上

COLUMN

2020.09.16

「重症度、医療・看護必要度(以下、「看護必要度」とする)」とは、患者の重症度と活動行為および患者に提供されるべき看護の必要量を測る指標のことです。2008年度に7対1入院基本料の届出要件に導入されて以来、医療需要に応じた病院の機能分化を図る政策の一つとして、「看護必要度」の見直しや、入院料を決定する基準としての見直しが行われてきました。

2020年度の診療報酬改定では、さらに入院料の基準が厳しくなり、病院の機能分化を進める政策が強化されています。

「看護必要度」は、3つの大項目からなる24の評価項目について、患者の重症度と看護の必要量が測定されています。
A項目:患者に行われている治療内容
B項目:患者の自立度や活動状況
C項目:急性期の密度の高い治療の有無

また、「看護必要度」は看護業務を可視化し、看護の質を保証するための「看護師の適正な配置」を図ることが目的であり、病棟管理においても活用されています。そして、入院基本料の基準に「看護必要度」が指標となったことで、医療需要に対し適正な看護配置であるか、適正な入院料であるか、を示すものとなりました。

看護配置や入院料の適正を保ち、また看護の必要量が正しく評価されるためには、「看護必要度」評価が正確でなければなりません。

「看護必要度」の正確な評価のためには看護師だけでなく、病院全体での協力が必要です。正確な評価を実現するために、各職種が評価の目的を理解し、協力し合いましょう。

例えば…

【医師】
一人で患者に行った処置や検査は、必ず看護師に報告し、記録に残しましょう。

【看護師】
当日の患者の状態と、実際に行った看護を正しく評価・入力しましょう。前日の評価を継続使用し修正する場合には、特に注意が必要です。
(新たな処置の評価抜けや、患者の状態変化に合っていない処置などが生じることがあります。)

【薬剤師】
「看護必要度」に関わる薬剤の使用について、使用患者の抽出に協力しましょう。

【理学療法士】
体位ドレナージ、スクウィージングを行った際は、看護師に報告し、記録に残しましょう。

【医事課】
EFファイルと看護必要度の結果が大きく乖離しているものがある場合に、看護部と協力しながら原因を追究しましょう。

*上記は、看護必要度Ⅰを想定して記載しています。

2020年度診療報酬改定により、病床数と入院基本料に対し看護必要度Ⅱが要件化されました。しかし、DPCデータから見える「看護必要度」が、実際の看護業務量と乖離していないか、ということは常に注意を払っておく必要があります。そのために、看護必要度Ⅰでの評価方法を現場で継続している医療機関もあります。

今後、地域の特性に応じた医療需要を見据え、病院機能の転換を図る医療機関が増えてくると思われます。「看護必要度」は、医療需要を見極める際に参考になりますし、病院機能の転換によって入院料算定要件上の看護配置基準が変わる場合も、「看護必要度」を適正な看護配置のための指標の一つとして用いることができます。

そして、「看護必要度」の正確な評価は、看護の質を客観的に表す指標として活用することへ繋がります。

弊社では看護必要度の入力精度向上のコンサルティングも行っています。ぜひとも下記ページをご確認ください。