NEWS 
& COLUMNS

コラム

データ提出加算とは? (第1弾)

COLUMN

2022.02.10

令和4年度診療報酬改定でも入院料の施設基準届出要件として拡大された「データ提出加算」とはどのようなものでしょうか?新たにデータ提出加算を届け出る医療機関の担当者様や、院内で引継ぎを受けて新しく業務に関わる方などのために、これから数回にわたってデータ提出加算の内容等についてわかりやすくご紹介していきます。

「令和4年度診療報酬改定の概要令和4年3月4日版)」をもとに、一部情報を更新しました!
参考URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000196352_00008.html

データ提出加算ってそもそも何?

データ提出加算は、 国が行う「DPC導入の影響評価に係る調査」に参加して「DPCデータ」を提出する事で得られる入院基本料等加算です。
2014年度に急性期一般入院基本料1(当時の一般病棟入院基本料7対1)の施設基準に要件化されて以降、他の入院料にも要件化が徐々に拡大し、現在は5,000病院以上が調査に参加(データ提出加算の算定)をしています。
なお、各病院から提出されたDPCデータは、集計された後に厚生労働省のホームページに実名で公表されています。
参考:厚生労働省 DPC導入の影響評価に係る調査

データ提出加算の届出が要件となる入院料一覧【令和4年度版】

上で述べた通り、データ提出加算の届出が要件となる入院料は改定のたびに徐々に対象が拡大してきています。2022年2月9日に行われた中医協総会の資料(以下「答申」という)によると、令和4年度の診療報酬改定において、さらに要件化が拡大される見込みです。
(マーカー部分が令和4年度診療報酬改定での追加部分になります)

  • 急性期一般入院基本料
  • 療養病棟入院基本料
  • 専門病院入院基本料(7対1、10対1)
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料
  • 地域包括ケア病棟入院料(入院医療管理料)
  • 地域一般入院基本料
  • 専門病院入院基本料(13対1)
  • 障害者施設等入院基本料
  • 特殊疾患入院医療管理料
  • 特殊疾患病棟入院料
  • 緩和ケア病棟入院料
  • 精神科救急急性期医療入院料
参考:厚生労働省 中央社会保険医療協議会 総会(第516回)議事次第

経過措置【令和4年度版】 2022年3月7日更新!

経過措置を整理すると、以下のようになります。

・対象入院料と経過措置の早見表

(「令和4年度診療報酬改定の概要(令和4年3月4日版)」をもとに、弊社にて作成)

療養病棟入院基本料、回復期リハビリテーション病棟入院料において、「当分の間免除」となっていた経過措置はどうなる? 2022年3月7日更新!

前項の表(※2)の通り、新たに要件化された入院料を含めて200床未満の場合は、当分の間免除となる経過措置が継続となります。

無料セミナーのご案内

データ提出加算の届出をご検討の病院様向けに、「データ提出加算準備セミナー」を3月24日(木)14時~オンラインで開催 いたします。無料セミナーとなっており、当日ご都合の合わない方や、繰り返し視聴したい方向けに、後日見逃し配信も予定しておりますので、是非ご視聴ください。


 ☞ (お申込みはコチラ)
日時 : 3月24日(木)14:00~15:00
見逃し配信(録画): 3月25日(金)~3月31日(木)

※お申込み、ご視聴は病院職員様限定となります。

今後のコラム掲載予定

コラム2 データ提出加算とは? (第2弾)

コラム3 データ提出加算に向けて準備すること(システム編)

コラム4 データ提出加算に向けて準備すること(運用体制編)